0359048532【(株)クリエイト】からのFAXは、ヤミ金なので注意です!

最近では、ヤミ金の手口も複雑かつ巧妙化してきています。その中でも、iPhone・iPad等を購入させ郵送させる携帯買取詐欺という悪質な詐欺が横行しています。誤って携帯電話を送ってしまうと悪用されるケースもあります。そんな闇金被害からあなたの身とお金を守る防衛策として、ここでヤミ金業者と主な手口についてご紹介します。

【(株)クリエイト】は、ヤミ金業者です

この、03-5904-8532 (株)クリエイトは、ヤミ金業者なので十分に注意して下さい!ヤミ金業者は、甘い言葉で悪質な融資の話を持ちかけ、あなたやご親族などの個人情報を聞き出し悪用したり、法外な金利を請求してあなたのお金をむしり取ろうとしてきます。絶対に手を出さないようにしましょう!

ヤミ金の手口 少額振込詐欺

1万~3万円ほどの少額な融資をしておいて、その融資に対しての金利を、3~4倍請求するヤミ金の手口です。【信頼作り】という体の良い言葉で利子の先払いを法外な金利であることを隠して貸し付けている被害ケースが多く見受けられます。しかも実際に融資されることはないので、まさに泣きっ面に蜂状態になってしまいます。
 

ヤミ金 まとめ

ここではっきりとお伝えできることは、ヤミ金に手を出しても「百害あって一利なし」ということです。結局は融資を受けられなかったり、少額の融資を受けても、融資額の3~4倍という暴利を請求されるパターンがほとんどです。もしあなたが、ヤミ金と関わり、トラブルに巻き込まれてしまったら、すぐに頼れる ⇒ ヤミ金専門の弁護士に無料相談 に今すぐ相談してください。翌日には、早急に解決してくれます!
 


最近の闇金の勧誘方法について

ショートメール(SMS)による融資勧誘

携帯電話のショートメール機能(SMS)を使った勧誘方法は、令和になった現在も闇金業者は積極的に利用しています。

ショートメールは、電話番号のリストさえあれば相手の名前や住所が分からなくても手軽に送信でき、時間や場所を選ばす勧誘することができるためヤミ金業者が好んで使う営業スタイルとなっています。

ショートメールの内容には「即日融資」「ブラックでもOK」などの文言を使い、他社の審査で融資不可となってしまった人でも安心して借り入れできるような印象を持たせていますが、これを信じて迂闊に連絡をしてしまうと痛い目に遭いますので注意が必要です。

ツイッターを使った融資勧誘

最近の闇金は、ツイッターを上手く利用し、若年層もターゲットに取り入れようと奮起しています。

ツイッターのアカウントでは闇金業者であることを隠し、あくまでも個人融資というスタイルを装って営業活動を行うのが特徴です。

個人融資ということでターゲットを安心させ、借り入れ後に法外な金利と厳しい取り立てを行うといった悪質なものが多いので、軽い気持ちで手を出しては絶対にいけません。

LINEを使った融資勧誘

電話番号の規制を恐れた闇金業者は、LINEを利用して債務者と個別に連絡を取り合うといった営業スタイルを確立。

LINEであれば例えIDが凍結されても、また別のものを作れば良いだけなので規制するのが難しく、そこに闇金業者が目を付けた形になります。

ただし欠点として、LINEをブロックされた時点で債務者と連絡が取れなくなることや、ショートメールのように不特定多数に向けて営業活動ができないことが挙げられるため、まだ一部の闇金業者が融資勧誘やその後の連絡用に使っているといった状況です。

何もしなければ闇金業者からLINEで勝手にコンタクトしてくる可能性は低いですので、自分から接触することのないよう十分に注意しましょう。

低金利ヤミ金の暗躍について

最近はとくに「低金利」を謳い文句としてアピールしてくる闇金業者も増えてきました。
一般的に言われている「低金利のヤミ金」とは、闇金の金利の標準を設定よりも低い金利で融資を行うヤミ金業者の総称です。
闇金業者は普通、貸付利息(金利)として1週間~10日あたりで3割以上を設定することが多いのですが、そこを低金利のヤミ金は1週間で1~2割程度で抑え、他の闇金よりは低くなっています。
しかし、これはあくまでも「ヤミ金としては安い金利」というだけで、正規の貸金業者と比較すると高すぎる金利であることに変わりはありません。
1年に換算すると、結果として法律で許容されている年18%を軽く超えてしまいますから、低金利ヤミ金からお金を借りることは決して得策では無いのです。

低金利でも闇金から借りると破産する?

よく「低金利のヤミ金から借りても破産しないだろう」と甘く見ている人がいますが、そう思っていると痛い目に遭うので注意が必要。
なぜなら、低金利ヤミ金からお金を借りてしまうと、長期にわたって少しずつお金がむしり取られることになりますから、トータルすると莫大な利息を支払い続けていることになり、結果的に借り入れ前よりも生活が苦しくなってしまうことが多々あるからです!
しかし、ヤミ金に手を出す人の傾向として、その場しのぎの考え方をしている場合が多いため、すぐにこのことに気付くことが出来ず、気付いた時には借りた金額の何倍もの利息を支払っていたというケースも多くなっています。
中には「最初は低金利で貸付していたのに、途中から利息を上げてきたり手数料を寄こせと言ったりするヤミ金業者」も存在するので、そんな所に引っかかってしまうと悲惨な結果が待っています。
ですので、いくらお金に困っていたとしても、闇金融業者の「低金利で貸しますよ」という誘いに乗ってお金を借りるべきではありません!

【最新版】ヤミ金の手口をチェック

進化するヤミ金の融資保証詐欺

以前から、融資保証詐欺というものは話題に上っていましたが、最近の闇金が使う融資保証詐欺の手口は以前よりもかなり進化しています。

というのも、最初から「融資を実行するには保証金が必要です」とお金を巻き上げることだけを目的とするのではなく、お金と一緒に免許証や保険証など個人情報が分かる物品までも騙し取ろうとしてくるからです。

このとき、最初から「免許証や保険証を提出してくれ」と要求するのではなく、融資前の審査をわざと手間取らせたりしてターゲットを不安にさせ、そのうえで要求してくるといった巧妙な心理戦を行ってくるのが特徴です。

不安な気持ちになればなるほど、闇金業者の術中にはまってしまうため、これらの物品を易々と渡してしまい、闇金業者から一向に返却されないといった被害ケースが多く見受けられます。

携帯電話担保の融資と白ロム詐欺

最近は、携帯電話を担保とする闇金の活動が以前にも増して活発になっているためか、担保と称して送付させた携帯電話を騙し取る「白ロム詐欺」の被害に遭う人が続々と出て来ています。

闇金業者が融資の担保として指定する携帯電話は、ガラケーではなくスマホ(特にiPhone)で、お金を借りたければ携帯ショップに行ってスマホを新規契約をし、送付するよう要求してきます。

ここでスマホを送付してしまうと、スマホだけが取り上げられ、スマホの利用料だけが手元に残り、使ってもいないスマホの料金を毎月支払うハメになるので要注意!

また、最近では、携帯電話担保の融資詐欺に遭った被害者の方が「不正に名義貸しを行った」と逮捕されてしまう事例もありましたので、携帯電話担保の融資は絶対に手を出さないよう気を付けてください。

通帳・キャッシュカード担保の融資詐欺

これはヤミ金の手口の中でもかなり悪質な部類に入るのですが、銀行の通帳やキャッシュカードを担保にすることを条件に融資話を持ちかけ、これらを騙し取るといった闇金業者が増えてきています。

融資の希望者に対し「今のままだと信用情報がないので、銀行の通帳かキャッシュカードを送付すれば信用情報が上書きされて融資可能になる」などと適当なことを言って騙し、通帳やキャッシュカードを送付させ、そのまま持ち逃げしてしまうといった手口になります。

通帳やキャッシュカードを送付してしまうと、そこに記載されている銀行口座の情報が悪用され、闇金業者やオレオレ詐欺業者の振込先口座として利用されてしまう危険性があります。

つまり、通帳・キャッシュカード担保の融資は、口座を直接売り渡す「口座売買」と同様の結果になってしまうため犯罪になりますので、何があっても絶対に手を出さないよう注意するべきです。

闇金の被害に遭ってしまった時、やるべき事とは?

もし、あなたがこれらのヤミ金の手口に引っかかってしまい、被害に遭ってしまった場合は、闇金から受けた被害をしかるべき所に相談することが重要。

これ以上の被害の拡大を防ぐため、一刻も早く法律の専門家に相談することをオススメします。

このとき、注意するべき点は「相談する法律事務所」の選び方。

闇金被害の相談は、闇金対策に不慣れな法律事務所では受けてくれない場合もあり、断られてしまう可能性があるからです。

運が悪ければ「一刻も早く解決したいのに、相談先が見つからない」といった最悪の場合も想定されるため、注意が必要です。

そこでオススメなのが、闇金問題を解決してきた実績がある「ヤミ金対策に強い法律事務所」。

こちらの「アストレックス司法書士事務所」なら、闇金の厳しい取り立てや嫌がらせ対策はもちろん、一般的に解決が難しいとされるヤミ金の口座被害にも対応してくれる頼りになる法律事務所です。

無料相談は24時間・365日受付してくれるので、土日や祝日、年末年始などでも安心して申込することが可能。

こちらのページから即、無料相談の申込ができるので、今すぐ相談して早期解決に導きましょう!

 

こんな闇金業者の電話番号にも注意!

https://saiki55style.xyz/15598.html

こちらのヤミサギ情報もチェック

コメントは受け付けていません。