詐欺メールの特徴と見破るコツは?未払いや法的措置メールに注意!

時として「未払の料金があるから法的措置に移行する」などといった詐欺メールやメッセージを送ってくる悪者がいますが、そういった詐欺メールやメッセージを「本物ではない」と見抜くにはどうしたら良いのでしょう?ここでは詐欺メールを見抜くコツについてご紹介していきます。

詐欺メールの特徴は未払金と法的措置!

詐欺メールの特徴としては、文面の内容に「未払い金がある」「法的措置に移行する」という2点が書いてあり、受け取ったものに対し、すぐに連絡することを要求してくる所です。「法的措置」という言葉で混乱させ、慌てて連絡させようとしているのが大きなポイント。また、未払金について「具体的に何の未払い金がいくらあるのか?」が詳しく記載されてないことが殆どです。
 

詐欺メッセージの変な所!矛盾があれば詐欺だと思うべし

未払い金だの法的措置だの書かれているメッセージの文面を読んで「おかしいな」と思うことがあれば、それは詐欺メールなので注意しましょう。例えば「未払い金」について、本物の請求であれば「何月何日に契約した何のサービスの金額をいくら払っていないのか」具体的に書かれているハズですから、それが明確に書かれていないのは変です。また「連絡なき場合は法的措置に移行」と書かれていても、通常は何度か未払い金を督促したうえで、それでも支払われないから法的措置に移行という手順を踏む訳ですから、これまでに一度も請求もしくは督促状が届いていないサービスからいきなり法的措置など取られるハズはないのです。ましてや「今日中に連絡」とかであれば、なおさら変だと思った方が良いです。詐欺メールには、このような矛盾があるので、受け取っても慌てずに「矛盾点を見つけること」を是非やってみてください。
 



 

こちらのヤミサギ情報もチェック

コメントは受け付けていません。